mi7mi のデータ分析格闘ブログ

データ分析を生業に、分析ナレッジや読書感想などを書くブログ。ミナミのデータ分析格闘ブログ

【要約まとめ】メモの魔力:前田裕二

本ページは、筆者の個人的な備忘録として読書感想を残しておくためのものです。

なので、私が大切だと思ったポイントを箇条書きでアウトプットしています。

今回の書籍は下記の本です。みなさんのご参考になれば嬉しく感じます。 

 

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

  • 作者:前田裕二
  • 発売日: 2018/12/24
  • メディア: Kindle版
 

 

 

 

 

書籍のポイントピックアップ

 メモによって夢は現実になる。

 

1. メモで日常をアイデアに変える

メモには、「記録するためのメモ」と、知的生産のためのメモがある。


人は、人の話を覚えておらずに情報を素通りしてしまいがち。メモによって、①アイデア発想に頭を使える②情報の漏れが少なくなる③メモにより熱意が伝わる&熱意を感じてもらえる④構造的に把握する能力が鍛えられる⑤言語化能力が鍛えられる(やばいね、の一言で終わらせない思考の獲得)

 

アイデアを生み出すメモの書き方

  • ノートの左側には、打合せでの「ファクト」をメモしておく。「日付」「アジェンダ」「サマリー」「標語」欄も設けておく。
  • ノートの右側には、「抽象化」した内容と、どんなことに「転用」できそうかのアイデアを書く。

    → 単なるメモに留めずに、慣れてくれば、その場で抽象化・アイデア発想ができるようにしてメモを取ることで、新たな発想が生まれる

  • 主観を書き込む癖をつけると自分の意見をスピーディに構築・発信する力が身につく。主観は緑色。客観的な事項も、黒、青、赤とレベルを変えて色分けすると良い。緊急度ではなく、重要度で色を分けること。

  • 相手に話をするときは「標語」をつける。標語とは、要は一言でいうとなんなのか。モデレータや、場をうまく回せる人は「標語をつける力」を例外なく持っている

メモの本質は振り返り。「ファクト」→「抽象化」→「転用」まで行って、初めてメモの価値が出る。

 

2. メモで思考を深める

 

抽象化と具体化を考える。具体→抽象→転用で考えることが大切

抽象化には「What」「How」「Why」の三類型がある。

Whyはなぜ(理由)?で一番重要度が高い

Howはどんな(特徴)?で他への転用が考えやすい

Whatは言語化能力が高まり、標語を考える際に有用

 

抽象化はインプット時も大切。書籍を読む際に、抽象化して読むことで人より本を早く読むことができる。

 

直感はよほどのことがないと人を動かさない。人は、原則、「何を言うか」以上に、「誰が言うか」を指針に決めている。戦略的に「誰か」になる必要がある。そのために最も大切なことが、他者を巻き込むこと。どうすれば周囲を巻き込めるか、それが言語でありロジックである。言葉の力で「この人の力にかけてみたい」と感じてもらわなければならない。

 

言語化能力が高い人は、抽象化能力が高い。抽象的な概念に名前をつけることが高い。

 

抽象化ゲームのすすめ

「AはBである」と言って、共通点をHow型で炙り出す。例えば、「人生は小籠包である」と言って、「蒸す時間が必要」「核心が内側にある」「注意しないとヤケドする」と考えるゲーム。抽象化能力を鍛えるためのゲーム。

 

3. メモで自分を知る

自己分析を、具体→抽象→転用のメモでやりきる。今後、分散型社会への変革が進む中で、個人のスキルや仕事力がフィーチャーされていく。

 

個の時代では、熱中できるものがある「オタク」が最強。知識だけではなく、独自の視点が価値として定義・消費されていく。例えば、キングコング西野さん考案の「しるし図書館」では、自分なりの”しるし”を入れたキズ本が高値で取引されている。

 

自分の人生の軸を考えるために、自己分析を深掘りして考える。好きな色ひとつ取っても、なぜ好きなのかを、具体→抽象→転用で考えてみる。面接のときに聞かれれた内容だが、面接官も好きな色が聞きたいわけではない。自分自身を研究できているか、想定外の質問にどう対応するかを見ている。

 

具体的に何をするかまで書かなければ人生は変わらない。10年後に時価総額1兆円の社長になる、だけではなく、1兆円の企業の株の10%を持ち1000億円の資産がほしいのかもしれない。ビッグな経営者と言われたいのかもしれない。ファクトを抽象化していく。

 

巻末の自己分析1000問を使って、自分のコアに辿り着く(書籍参照)。

 

 4. メモで夢をかなえる

言語化で夢は現実になる。夢についてより具現化をしながら考える時間を持てるから。流れ星に願うと願いが叶うわけではない。自分の夢を流れ星に願えるほど強烈にいつも考えておくことができれば、夢は現実にできる。

 

やりたい夢をすべて書き出す。夢に優先度をつける、夢をマージする、夢の選択と集中。夢を実現するために、書き出すことが必要。

 

夢をSMARTにあてはめて考えてみる。SMARTは、具体的、測量可能、達成可能、関連性がある、時間の制約があること

 

人に伝えるときはエピソードの着地点を先に話しておくこと。そして、エピソードは可能な限り、具体的に話す。具体的な内容はイメージに残りやすい。(書籍では小泉進次郎さんの例示あり。)

 

ライフチャートを描いてみる。自分の幸福度を描いてみる。変曲点に幸せの源泉が秘められており、人に話せる自分だけのストーリーを作り出せる。

 

 

最後に

もし内容にご興味を持たれましたら、本書籍をご購入ください。

プライバシーポリシー | mi7miの趣味